Newer
Older
yatex / install
yuuji@gentei.org on 28 Sep 2009 4 KB Remove ancient expresisons
# (This file is encoded with MS-KANJI(Shift JIS) coding system)

Installation of YaTeX / 野鳥のインストール
******************************************

Put these expressions into your ~/.emacs
まず ~/.emacsに下の2項目を加えます。

      (setq auto-mode-alist
           (cons (cons "\\.tex$" 'yatex-mode) auto-mode-alist))
      (autoload 'yatex-mode "yatex" "Yet Another LaTeX mode" t)

Then, add certain path name where you put files of YaTeX to your
load-path.  If you want to put them in `~/src/emacs', write
次に野鳥の emacs-lisp ファイル群を置くディレクトリを load-path に加えます。
たとえば、`~/src/emacs/yatex'に置くのであれば、

     (setq load-path (cons (expand-file-name "~/src/emacs/yatex") load-path))

in your ~/.emacs.
などとします。

Then edit makefile and set your environment variable `DISPLAY' correctly, 
exec the next.
続いて makefile を編集し、環境変数 DISPLAY の値を正しくセットしてから

	% make install 

でインストールを行ってください。

  If `make install' fails, do as follows;
  もし `make install' でうまく行かない時は下記のように手動でインストール
を行ってください。

First, copy `*.el' to suitable directory.
最初に、野鳥の emacs-lisp ファイル群を適当なディレクトリにコピーします。

Then copy `help/YATEXHLP.eng' to $EMACS/etc directory, which is
displayed by typin `exec-directory C-j' in the *scratch* buffer
(on Emacs19, $exec-directory/../../site-lisp).
つぎに、help/YATEXHLP.jp を Emacs の etc ディレクトリに入れます。
(*scratch* バッファで「exec-directory C-j」とうって示されるところです
 Emacs19以降の場合 doc-directory の ../../site-lisp)


Finally, copy `docs/yatexe' and `docs/yahtmle' to Info directory and
append the contents of `dir' in this directory to `dir' of Info directory.
最後に、info ディレクトリに docs/yatexj, docs/yatexe, docs/yahtmlj,
docs/yahtmle をコピーし、info ディレクトリの dir というファイルにこのディ
レクトリの dir ファイルの中身を追加します。

Note that when you byte-compile yatex19.el, do it on window system.
This file cannot be compiled on terminal Emacs because it requires
hilit19.el, which cannot be loaded on terminal Emacs.  But you don't
have to byte-compile it.
注意: yatex19.el をバイトコンパイルする時はウィンドウシステム上の emacs 
で行って下さい。emacs -nw では、hilit19.el がロードできず、正常にコンパ
イルできません。うまくいかない場合はバイトコンパイルしなくて構いません。


About yahtml / yahtmlについて
*****************************

Yahtml is a different package for writing  HTML files with Emacs.  It is
very far from html-mode, html-helper-mode  or other existing HTML modes.
It is a good successor of YaTeX in HTML world.  Do not want it to behave
as modes you used.   Yahtml doesn't lessen  the number of initial typing
not so  much.  But it   lessens your effort  of polishing/debugging your
source, tracing links between file or URL,  and browsing the result with
Netscape.  If you had not used YaTeX,  the concept of  `C-c g', `C-c k',
and   `C-c  c' are very   new  to you.   If  you are   interested in the
philosophy of YaTeX, please take a look at the info file of YaTeX.

yahtml.el は html-mode とか html-helper-mode とかとはじぇえ〜〜んじぇん
違います。「html-helper-mode でいうところのあの機能はないの〜」とかそう
いう気持で使うと、すげー調子悪いです。逆に、野鳥のインタフェースを知って
使っているとかなり調子良いです。

Installation of yahtml / yahtmlのインストール
*********************************************

Follow the guidance in the beginning of yahtml.el.
yahtml.el の先頭部分にある [Installation] にしたがって下さい。

Then the set some variables correctly.  Here are the major of them.
Parenthesized values are default.
以下の変数を環境に合わせて設定して下さい(括弧内はデフォルト値)。

 * yahtml-kanji-code		HTML文書のデフォルト漢字コード
 				1=SJIS, 2=JIS, 3=EUC, 4=UTF-8
 * yahtml-image-viewer		Image viewer / 画像ヴューア
 * yahtml-www-browser		WWW browser / WWWブラウザ
 * yahtml-path-url-alist	List of unix path name vs. its URL name
				within the WWW world.  See the definition
				of it (in yahtml.el) as an example.
				UNIXパス名と、そのWWWでのURL名の対応リス
				ト。yahtml.el のこの変数の定義を参考にあ
				なた自身のサイトの対応リストを設定して下
				さい。
 * yahtml-directory-index	Directory index file, which is a file
				to be opened when URL is ended with
				directory name.  If you're not sure of
				this, ask it to WWW administrator.
				Typically `index.html' if your site is
				running NCSA httpd, and `Welcome.html'
				if CERN httpd.
				URLでファイル名を省略した時にオープンさ
				れるファイル。WWW管理者に聞いて下さい。